エンタメコンテンツ(ゲーム・漫画・映画等)から法律を学ぶ➁~フリー素材の活用と危険性~

はじめに


こんにちは、弁護士の田中です。
今回はフリー素材の活用について、法的なお話をしたいと思います。

エンタメコンテンツの制作には、イラストや、写真、ソフトウェア、プラグインといった、様々な「素材」を使用します。

「素材」は以下のいずれかの形で用意することになります。
1 自分で作る
2 購入する(or制作を委託する)
3 フリー素材を無償で取得する

今回は3フリー素材を無償で取得する場合についてお話します。

素材の権利関係


素材は、前回お話した著作物である可能性が高いです。

イラストは当然のこと、プラグイン、写真、ソフトウェアといったものも著作物となる可能性があります。

また、写真については、その中に別の著作物が写っていれば、その著作物の著作権が問題となります。

例えば、街中にある、アニメの広告看板が写真に写っている場合、写真自体の著作権と、写真の中に写っているアニメのイラストの著作権について、権利処理が必要となります。

さらに、写真の中に人の顔が写っていれば、肖像権が問題となります。

ソフトウェアなどは、特許権が関係してくる可能性があります。

そのため、フリー素材を使用する場合、第三者が制作した素材について、その素材の権利者又は権利を管理する者から、当該素材の各種権利について、無償で利用許諾を受けることになります。

最近では、フリー素材の種類も豊富で、制作者が求めるクオリティに適う素材というのもたくさんあるので、それを無償で利用できるのは非常に魅力的です。

大手企業はフリー素材を嫌う?


上述の通り、非常に魅力的な反面、私の経験上、大手の企業は、コンプライアンス意識が高く、フリー素材というのを嫌います。

下請会社に対して、フリー素材の使用を禁止するケースも多くあります。

そういったケースでフリー素材を使用すると、契約違反に問われるケースもあるため、注意が必要です。

では、なぜ、フリー素材の使用が禁止される場合があるのでしょうか。

フリー素材の危険性➀ 規約に違反しているかも?


前述の通り、フリー素材は無償での権利許諾となるので、フリー素材提供サイトの規約をよく確認する必要があります。

「私的な利用に関してのみ無償」

となっているような場合、商用利用をすると、規約違反となります。

規約違反となると、「無償での権利許諾」は成立していないので、
著作権等の権利侵害となってしまいます。

日本のサイトであれば、読めばわかる話ですが、
海外の複雑なサイトなどの場合、規約が英文である上、何種類もあって、どれを見ればよいのか分かりにくいケースが多く存在します。
知らず知らずのうちに、規約に違反して、権利侵害をしているといったケースも実際に存在します。

その他にも、権利表記をする必要があったり、特定の用途での使用を制限されていたり(アダルトコンテンツには使用不可等)する場合があるので、きちんと規約を確認する必要があります。

なので、知らず知らずのうちに規約に違反しており、きちんとした無償許諾を受けられていなかったというリスクがあります。

フリー素材の危険性➁ 本当に権利処理されてる?

素材というのは、前述の通り、様々な権利関係が発生しています。

フリー素材の場合、その権利関係について、全て無償で許諾を受けることになりますが、果たして、本当にそれらの権利全てについて、処理がされているのかという疑問が生じます。

当然権利が増えれば増えるほど、権利処理にはお金がかかります。
個人で制作したイラストをその人が無償で許諾しているような場合は問題ないでしょうが、一人で制作できる素材には限界があるので、充実したフリー素材サイトであればあるほど、様々な方が作った素材が掲載されています。

フリー素材サイトの運営者がきちんとした法的知識をもって、コンプライアンス意識が高い場合はもちろんあります。

しかし、その場合は、規約などで、以下のような取り決めがされており、権利処理について責任を負わない仕組みとなっていることがほとんどです。

➀サイト運営者と、素材の提供者との間の関係
素材提供者は自己責任で権利処理をして、権利侵害をしたものを掲載してはならない。

➁サイト運営者と、素材の利用者との間の関係
サイト運営者は、素材提供の場を提供しているだけであり、個々の素材の権利関係については、当該素材の提供者が責任を負うため、サイト運営者は責任を負わない。

なので、結局権利者の許諾をきちんととっているかどうかが、見えにくいというリスクがあります。

コンテンツ制作をして、そのコンテンツが成功した後で、実は素材が権利処理できていなかったとして、全然知らない人から、訴えを起こされてしまえば最悪です。

まとめ


フリー素材は魅力的であすが、反面、上記のようなリスクがあります。

フリー素材を使用する場合は、上記のようなリスクを踏まえて、
➀良く規約を確認する
➁サイトの運営者が信頼のおける者かどうか確認する
➂素材提供者が信頼のおける者かどうか確認する
といった点に留意して使用するようにしましょう。

今回はこのへんで。

関連記事

  1. エンタメコンテンツ(ゲーム・漫画・映画等)から法律を学ぶ➀~著作権て何?~

  2. ご挨拶

  3. Twitter上の誹謗中傷問題~費用と時間をかけずに解決を~

  4. 「強い女メーカー」の商用利用に関する当事務所の見解

  5. ニュース記事のねつ造につきまして

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。